勉学に励み勝ち取る国家資格|保育士を目指すなら通信講座より学校へ

ウーマン

必要な知識はたくさん

女の人

子どもが好きで幼稚園教論や保育士を目指す人は多いでしょう。幼稚園の経論を目指すのであれば、大学や短大へ通い免許状を取得する必要があります。在学中はピアノや心理学を勉強します。

Read More

様々な場所で働く

男性女性

乳幼児から小学校に上がるまでの未就学児を預かる保育園は、今非常に大きな問題を抱えています。なぜなら、保育士の給料が安く働いてくれる人が少ないのです。働く人が少ないと保育園は受け入れる人数が狭まってしまいます。また、人数が少なく経営が成り立たなくなると施設も減ってしまいます。他にも、法律で決められた基準をクリアする施設がなかったり、施設を作る費用が足りていないことが保育園が足りない理由の一つです。保育士や保育施設の不足で待機児童は増えつつあり、国でもいろいろな対策が検討されています。
保育士になるには国家資格を取得する必要があります。それがないどの施設でも保育士として働くことはできないのです。保育士の資格を取得するには、学校に通うというのが一般的なルートです。大学や短大、専門学校などで決められている課程を終了するか、保育士の試験に合格することで取得できます。大学では4年間、短大や専門学校では約2年間で課程を終了することができます。どちらでも同じ保育士の資格が取れますが、初任給で差がでることもあります。子どもを預かる仕事であるため、多くの課程を学ばなくてはいけません。それを2年間で学ぶ場合はかなり忙しくなると言えるでしょう。また保育士になるための勉強は通信講座でも行なうことができます。しかし、保育士の試験はかなり難易度が高いので働きながら勉強するよりは大学や短大といった学校に通うほうが確実に習得できます。まずは勉学に励み、勝ち取る国家資格を目指しましょう。

人が多ければ数人必要

男の人

衛生管理者は50人以上労働者がいる場合に最低一人必要です。労働環境を管理して働いている人たちの健康を守るのが職務の一つです。衛生管理者の資格は二種類あるので受験の際はよく調べましょう。

Read More

受験には2つの種類がある

勉強

衛生管理者になる場合、2つの試験のどちらかを受験します。受験資格は実に様々なのでちゃんと実施先のホームページで確認しましょう。試験時間は三時間で労働衛生と関係法令が出題されます。

Read More