国家資格取得への道標|保育士を目指すなら学校で勉学に励む

勉強道具

必要な知識はたくさん

女の人

小さい子どもと触れ合うことが好きな人は保育士や幼稚園教論を目指すでしょう。幼稚園教論は国や自治体といった公立の幼稚園や私立幼稚園で幼児の保育や教育を行なう仕事です。主に3歳以上の未就学児と一緒に過ごしています。子どもたちの健康や成長の手助けが幼稚園教論の大きな仕事なのです。そのため、幼児教育の知識や、子どもや保護者とのコミュニケーション能力、また体力なども必要とされます。幼稚園教論になるためには免許状が必要です。国家資格であるため大学や大学院、短大を卒業しなくてはいけません。幼稚園教論になるために、大学や短大で学ぶのがピアノです。大学や短大にいくまでの間にピアノ学校へ通ったことのなかった人もいるでしょう。また、心理学や臨床心理といった授業も大学で学ぶことになります。幼稚園教論は、子どもがどんなことを考えているか、どう思っているかを知り対応しなくてはいけません。心理状態を理解するためにもこういった授業で細かく勉強するのです。大学や短大によっては折り紙の授業を取り入れているところもあるようです。幼稚園ではいろいろな場面で折り紙が役に立っています。園の掲示板を飾るときやメダルのかわりに使うこともあるでしょう。また、折り紙をすることで子どもとコミュニケーションをとることもできます。幼稚園教論には体力が必要です。そのため大学や短大でも体育の授業があります。縄跳びや球技といった普通のスポーツもあればゲームを取り入れ子どもと楽しむことを目的としたスポーツを習うこともあるようです。